撥水タイプよりも滑水のカーコーティングが良い主たる理由

カーコーティングには、水を弾いてくれるメリットがあります。特に雨水によるダメージが心配な時などは、カーコーティングを行っておく方が良いでしょう。
雨水は、決して軽視できない物があります。長らく車を使い込んでいれば、雨水の模様が残ってしまう事もあるのです。また雨水は、やはり車に対してダメージも与えてしまう傾向があります。ですから何とかして、車に対する雨の影響を小さくしたいと思う事もあるでしょう。
ところでカーコーティングの中には、撥水と呼ばれるタイプがあります。いわゆる水を弾いてくれるタイプです。水による影響をある程度小さくしてくれる効果は見込めますから、検討してみる価値はあるでしょう。
しかし昨今では、実に多彩なカーコーティングが登場しています。水の影響を小さくしたいと思うなら、何も撥水だけでは無いのです。滑水と呼ばれるタイプもあります。
滑水というタイプは、水が車体の表面に付着しづらくなる効果を発揮してくれるのです。当然ですが雨水が当たれば、車の表面には水は残ってしまうでしょう。しかし水も、自然と流れてくれる性質はあります。
例えば、車体が少し傾いている時です。もちろん車が水平ならば、水は簡単には流れません。しかし少し傾いていれば、重力で水が流れてくれる事は明らかです。
しかしスムーズに水が流れてくれるか否かも、車に対するコーティング次第なのです。上記でも触れた滑水と呼ばれるタイプが、それに該当します。その施工を行っておきますと、かなり水が滑らかに流れてくれるようになるのです。
もちろん車の本体に水が付きづらくなれば、あまり見た目が良くない雨の模様なども発生しづらくなるでしょう。また車に対するダメージなども、比較的低くする事ができます。ですから滑水というカーコーティングは、かなりメリットが大きいのです。
しかし水を防ぐだけでしたら、一応は撥水というタイプもあります。撥水は、その表現通り水を弾いてくれる力がとても強い訳です。ですから雨水による影響を限定したい時には、撥水タイプを選んでみるのも一法ではあります。
ところが、実は撥水タイプにはデメリットもあるのです。というのも、車の本体に対する影響が懸念されるからです。
そもそも撥水タイプというのは、実は車との相性があまり良くない事もあります。中でも心配なのが、既に車に塗られている塗料に対する影響です。撥水タイプが塗料に悪影響を及ぼして、ちょっと見た目が悪くなってしまう事もたまにあるのです。もちろん年数の経過と共に、だんだんと見た目が悪くなってしまう訳です。
そもそもカーコーティングを行う一番の目的は、やはり車の見た目をよくする為でしょう。雨水で余計な模様が付いてしまうのは良くないので、わざわざお金をかけてコーティングを行う訳です。
しかしそのコーティング剤が理由で、車の表面の見た目が悪くなってしまうのは、とても悲しい話です。ですから撥水タイプは、デメリットもある訳です。慎重にカーコーティング剤を選んでおかないと、後悔してしまう可能性はあります。
それに対して滑水と呼ばれるタイプは、特段に大きな影響が生じる訳でもありません。むしろ、影響は軽微な程度と言えるでしょう。
しかも水が滑らかに流れてくれるようサポートする訳ですから、もちろん雨水による影響も小さくなると見込まれるのです。ですから撥水タイプというより、むしろ滑水の方が良いという意見も根強く見られます。
また水が流れるだけでなく、表面部分に水を残さないようにしてくれる効果もあります。車の表面に水が残っていれば、様々な問題は起こり得ます。余分な物が車に付着してしまう可能性もありますが、滑水タイプはそれが残らないようにしてくれるのです。
ですから雨水を防ぎたいと思うなら、滑水タイプのカーコーティングを前向きに検討してみると良いでしょう。

PR|カーセキュリティのことならコーティングで悩んでいるなら

PR|グレートウォール相互リンク集ガラスコートのIIC看護師 転職看護師求人ランキングカーフィルムのIICネットショップ 開業バイクのコーティングなら海外バイナリーオプションエステサロンFX 為替看護師求人育毛剤全身脱毛車の洗車用品ベスト10人気サイトPage Rank KING看護師 募集カーオーディオのIICFX 自動売買ソフトオラトリオ自動登録リンク集超SEO対策東京 クルージングGetMoneyJALカードアフィリエイト相互リンクSEOアクセスアップ相互リンク集