車の手入れを楽にしたい!

PR|GetMoney|超SEO対策|FXシストレ|内職 アルバイト|ライブチャット|お小遣いNET|JALカード|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|育毛剤

ポリマー加工をすればワックスが不要になり、簡単洗車のみでずっと新車時のようなピカピカが楽しめる、ような気がして新車時にオプションを付けてみたものの、実際には洗車はちっとも簡単にならず、更にメンテナンスが面倒で嫌になってきているお父さんも多いことでしょう。

専用のなんだかよくわからない液体を粉を吹いてくるのと格闘しながら小さいスポンジでチマチマ塗っていく。

ワックスのほうがまだ豪快に出来たんじゃないかとさえ思います。

さて、これを劇的に楽にする方法ですが、水で洗った後で霧吹きに入れて、拭き取り時に吹きかけてから、付属のスポンジは使わずにタオルで拭きとってしまうというのがオススメです。

メンテナンス剤の中身は超微粒子の研磨剤で、水に溶けるようなものでは有りませんので、濡れたままのボディに使っても効き目は殆ど変わりません。また、スポンジよりもタオルのほうが広がりやすいので、一度のふき取りで面積が稼げます。ぜひお試し下さい。

それとポリマー加工をするのは専門の業者に任せた方が良いです。

十分な知識や経験がある専門業者は数多くあります。

値段(価格)も様々ですが、高すぎず安すぎず施工実績が豊富な専門店を探すことから始めましょう。

次に自分でコーティングを上手にする方法です!

大事な愛車はピカピカにしたい。これは誰でも思いますよね。
車体の光沢を維持するためにはコーティングが欠かせませんが、上手にコーティングをするためには守らなければならないポイントが3点ほどあります。
(1)落とせる汚れは落としておく
(2)洗剤分を残さない
(3)完全に乾いた状態でコーティングを行なう

最初の落とせる汚れは落としておく、ですが、汚れには乾いた汚れと濡れた汚れがあります。乾いた汚れは水を流せば落ちるのですが、濡れた汚れはカーシャンプーなどで落としてください。この際、硬いブラシなどで擦ってしまうと塗装を傷つけてしまいますので、柔らかいブラシで一定方向に優しく擦り、落ちなければ洗剤を再度塗布、優しく擦るを繰り返してもらえれば大抵の汚れは除去できます。
二番目の洗剤分を残さない、ですが、洗剤分が残っているとコーティングが上手くできません。必ず、水ですすぎ洗いをして洗剤分を完全に取り除いてください。
三番目の完全に乾いた上体でコーティングを行なう、ですが、水分が残ったままでコーティングを行なうとツヤボケなどが発生します。乾いたタオルで大まかに取り除いた後、時間を置いて乾かしてもらえれば、コーティングの準備完了です。
コーティングをする際は厚塗りになりすぎないよう、また薄すぎてカスレが出たりしないように適時コーティング剤を補給してください。以上のポイントを守っていただければ、ご自分でもピカピカのコーティングができるはずです。

PR|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報