油脂系のカーコーティングとその寿命

カーコーティングには、実に様々な選択肢があります。それで雨水などを心配している方々は、しばしば油脂系というカーコーティングを検討しているのです。
そもそも車に対しては、やはり雨水は当たる事になります。基本的に車というツールは、野外で使われる事にはなるでしょう。もちろん屋内と違って、雨などは大いにあり得る話です。地域によっては、それなりの頻度で雨が降ってくる事もあるでしょう。

ですから車に雨水が当たってしまうのは、ある程度はやむを得ない一面はあります。ですが問題は、車の模様が悪くなってしまう点です。
残念ながら雨水というのは、車に対してはネガティブな影響を与えてしまう場合があります。長い間車を使っていると、独自の模様が付いている事もあるのです。そういう車に限って、雨水によるダメージを受けている事例が目立ちます。ですから雨というのは、実は自動車にとって驚異的な存在なのです。

ところで冒頭でも触れた油脂系のカーコーティングは、その雨に関する大きなメリットがあります。そもそも油脂系という名称からも分かるように、それには多くの脂分が入っている訳です。
当然ですが、水と油は余り相性は良くありません。たいていは油の方が力が強く、水を弾いてくれる訳です。ですから油脂系のカーコーティングを行っておけば、車は雨水に強くなります。それで最終的には、車にあまり良くない模様が生じづらくなると見込まれるでしょう。

また車に雨水が当たってしまえば、ダメージが生じてしまう事もあります。油脂系のカーコーティングは、それをブロックしてくれる効果もあるのですから、多くの方々は興味を持っているのです。
それと油脂系のカーコーティングは、施工に関するメリットもあります。そもそもカーコーティングを行うとは言っても、かなり手間が大きい事もあるのです。中でもガラス系などのカーコーティングは、それなりに長い期間を要することになります。完全硬化が完了するまでには、2週間ほどを要することもよくあるのです。それでは少々困るでしょう。

ところが油脂系のカーコーティングは、特に施工が難しいこともありません。他のタイプと比べれば、比較的簡単に施工を行う事はできますから、手間は小さいのです。やはり作業を行うにしても、面倒な事を避けられるに越した事はないでしょう。手軽な施工を行える点も、油脂系のカーコーティングの魅力と言えます。
ですから油脂系のカーコーティングは大いにメリットはあるのですが、デメリットもある点も忘れてはなりません。それは、基本的には短期的な利用が原則になると考えておく方が良いでしょう。

そもそもカーコーティングと言っても様々な種類があり、それぞれ寿命に関する違いはあるのです。比較的長持ちするカーコーティングもあれば、そうでないタイプもあります。
そして油脂系の場合は、それほど長持ちするタイプではありません。上記でも触れた通り雨水を防いでくれる力はあるのですが、それでも雨の勢いが強い時などは、やはり油脂系のカーコーティングが流れてしまう事はあります。

それとカーコーティングは、劣化スピードにも特徴があります。やはり形がある物ですから、日数が経過すれば徐々に劣化するのは避けられません。そして油脂系の場合は、他のタイプよりは劣化スピードが比較的早いのです。
要するに油脂系は、寿命が比較的短いという事になります。ですから長期的にコーティングの効果を持続してもらうというより、むしろ短期的なニーズに向いているでしょう。どこか雨が多い地域に短期ドライブに行くので、ちょっと油脂系のコーティングを施しておくのは有効です。逆に長期に渡って保護をするのには、やや不向きではあります。

また、車のカーコーティングも大切ですが、カーフィルムも必須作業となります。カーフィルムを張ることでプライバシー保護の意味もあってカーフィルムを貼る方が多いのでしょうね。

PR|アウディをガラスコートするなら