ワックスよりもカーコーティングが良い理由と汚れの付きやすさ

車に対しては、様々な汚れなどが付着していく傾向があります。特に長らく使った車などは、それなりに汚れも蓄積するものです。
もちろんそれには、外的な要因があります。雨水や降下物が車の表面を汚している事もありますし、何かが衝突する事もあるでしょう。原因は色々考えられる訳です。
ところで車に対してワックスなどが使われている事も、しばしばあります。理由は、もちろん車の見た目をよくする為です。

もちろん車にワックスが塗られた後には、独特の光沢感が生じる事にはなります。それに大きな魅力を感じて、多くのドライバはワックス掛けを行っている訳です。
それは良いですが、問題は上記でも触れた汚れです。ワックスで光沢感は生じても、車に様々な汚れがあるので、見た目が悪くなっているケースもしばしばあります。
実はそういう時には、ワックスを疑ってみると原因が見えてくる事があります。それだけに、かえってカーコーティングの方が良い事も多いのです。

どういう事かというと、ワックスは様々な汚れの原因になってしまう事もあるのです。なぜなら、ワックスがすぐに使い物にならなくなってしまうからです。
そもそもワックスというのは、熱にはやや弱い一面があります。他の塗料と違って、耐熱性にはあまり優れていません。
それで車の表面温度は、何らかの理由によって高くなってしまう事もあるでしょう。もちろんエンジンによって温度が高くなる事もあれば、夏の暑さなども一因です。

そういう熱には極端に弱いのが、ワックスなのです。したがってワックスは、あまり長持ちしません。1ヶ月も経過しますと、使い物にならなくなる傾向があります。当然それでは車の表面にワックス剤が残ってしまうでしょう。それを放置していれば、様々な汚れの原因になってしまう訳です。
もちろんワックスというのは、車の見た目を良くするのが目的です。しかし見た目を美しくする為のワックスが、かえって見た目を悪くしているという皮肉な結果になっている事例も目立ちます。ですからワックスによるコーティングは、あまり望ましくないとも言えるのです。

それに対してカーコーティングは、ワックスとはかなり異なる性質があります。というのもカーコーティングの一番下側の部分は、車と結合しているからです。目視ではなかなか確認しづらいですが、カーコーティングと車が触れている部分においては、確実に結合が発生しています。
したがってワックスと比べれば、明らかに取れづらい訳です。必然的に車の表面に残ってくれますから、汚れの原因になるとは考えづらいでしょう。

むしろ、その逆の傾向があります。ワックスは車の汚れになってしまう半面、カーコーティングは汚れを防止してくれる力が非常に強いです。現にガラスコーティングなどは、かなり汚れをブロックできる力があります。一旦ガラスコーティングを行っておけば、洗浄の手間が大きく省けることだけは間違いありません。
何せガラスコーティングというのは、水洗いだけでも簡単に汚れを除去できると、多くの業者が宣伝をしているくらいです。それ位車の汚れを除去しやすくなる訳です。

逆に厄介なのは、ワックスです。それが車の表面に残ってしまえば、取るのに苦労してしまう事があるでしょう。それだけに、洗浄の労力はかえって高まってしまうとも言えるのです。ですからワックスで車のツヤ出しをするのは、あまり望ましくないでしょう。
要するに車の見た目を良くしたいと思うなら、ワックスよりもカーコーティングで施工を行う方が良いのです。確かにカーコーティングは、料金は若干高めになります。しかし見た目は良くなる事が多いですから、前向きに検討する方が良いでしょう。

PR|コーティングのことならコーティング求人